会員登録する
すまぐちくん

訪問査定時のチェックポイント

2020年11月21日

訪問査定時のチェックポイント

不動産の売却をするにあたって、なるべく高い金額で売りたいと思う方は多いでしょう。
もちろん相場価格よりも高い金額の物件は、なかなか買い手探しに難航する場合もありますが、物件の状態や立地によっては高い金額でも即座に売れるケースもあります。

そのように査定額の差が出る物件にはどのようなポイントがあるのでしょうか。
あらかじめ知っておくことで、いざ売却をする際に有利になる可能性があるかもしれません。
ぜひチェックしてみてください。

  • 机上査定と訪問査定の違い

    机上査定と訪問査定の違い

    まず不動産査定を行うにあたり、二つの方法があるのはご存知でしょうか。
    周辺の取引事例や公示価格などをもとに、査定額を算出する「机上査定」と、実際に現地を見て査定額を算出する「訪問査定」があります。

    机上査定は、あくまで周辺の成約事例から”だいたい”の価格を割り出すため、個別物件の特徴は良くも悪くも加味されていません。よって机上査定によって出される金額はあくまで概算となります。
    ※近年一括査定が主流になり、不動産会社が訪問査定のアポイントを取得するために、高めに机上査定を出すことがあるため、不動産売却を検討する際は、複数社に訪問査定をしてもらうと良いでしょう。

    「訪問査定」では、取引事例や公示価格などの価格形成要素に、実際に現地を訪れてその不動産の状態や特徴を確認したうえで査定額を算出するため、「机上査定」よりも実際に売れる金額に近くなります。

    それではどのような点に注目して、訪問査定がされているのでしょうか。

  • チェックポイント①立地・環境

    チェックポイント①立地・環境

    チェック項目は細かいものも合わせると数百箇所以上の確認が必要となります。
    今回はその中でも何点かまとめてお伝え致します。
    まずは査定する物件の立地環境について以下のものが挙げられます。

    [立地]
    ・道路からの高低差
    ・上下水道、ガスの配管状況
    ・前面道路の幅員や間口の広さ
    ・側溝の有無
    ・前面道路に標識やミラーはないか
    ・越境していないか
    ・敷地内に井戸や電柱、支線などないか
    ・敷地の形状はどうなっているか

    [環境]
    ・駅からの徒歩分数
    ・スーパーや商業施設の充実度
    ・学校や病院への距離
    ・周辺の街灯の数

  • チェックポイント②建物

    チェックポイント②建物

    次に建物の主なのチェックポイントです。
    同じエリアでも物件の状態によって、査定額が変動する可能性がございます。

    [構造]
    ・築年数
    ・間取り
    ・日当たり
    ・眺望
    ・風通し

    築年数が浅く、日当たりや風通しが良い物件が好まれます。
    また多くの人が住みやすいような設計になっているか、家事動線が整っているかどうかがポイントとなります。

    [劣化]
    ・雨漏り
    ・シロアリ
    ・腐食
    ・傾き
    ・木造主要な部位、軒のゆがみ

    雨漏りやシロアリの被害により床が傾いている建物は、かなりマイナス評価になります。
    具合によっては中古物件として売却できず、解体して土地売にした方が良いケースもあるので注意が必要です。

    [不具合]
    ・電気等の故障
    ・給湯器の交換時期
    ・給排水管の故障

    電気がつかなかったり給湯器が壊れていたりと使えない場合も注意が必要です。
    定期的に点検するようにしましょう。

  • まとめ

    今回は査定時の大まかなチェックポイントについてまとめさせていただきました。

    立地や環境などの現地の状態、建物の状態によって査定額に差が出てきます。
    建物においては日頃の点検や修理によって、劣化を軽減することも可能です。
    査定時のマイナス評価にならないよう、ぜひ一度ご自宅の点検をしてみてはいかがでしょうか。

    また査定のご依頼や、売却時のご相談などお気軽にお問い合わせください。
    各エリアに特化した不動産のプロが、お答えさせていただきます。

記事カテゴリ

最新の記事

もっと見る

物件を実際に探してみよう!物件を実際に探してみよう!

不動産購入の知識がついたら物件を探してみよう!会員登録すれば物件検索の幅がグッと広がります!

総物件数

6346

会員限定
物件

1848

会員登録のメリット
会員登録のメリット
  • メリット1

    会員限定物件の
    閲覧

  • メリット2

    新着物件を
    メール配信

  • メリット3

    プライスダウン
    物件を配信

  • メリット4

    キャンペーン・
    お役立ち情報を
    お届け

  • メリット5

    お気に入り物件を
    保存

  • メリット6

    自動入力で
    簡単問い合わせ