会員登録する
すまぐちくん

「建築条件付き土地」って何?購入するべき?購入しないべき?

2020年08月26日

「建築条件付き土地」って何?購入するべき?購入しないべき?

土地を探している際に、「建築条件付き土地」という言葉を聞いたことはありませんか?

土地を探し始めたばっかりという方は、建築条件付き土地について知らない方も多いのではないでしょうか。

土地によっては、「建築プラン変更可能」と記載されている事や、比較的安く販売されていることもあり、購入を検討される方もいるかと思います。

今回は、建築条件付き土地が普通の土地とどのように違うのか、メリットデメリットをご紹介します。

メリット、デメリットを知ったうえで、ご自身の予算や理想に合わせてどのような土地を購入するのか検討しましょう!

  • 「建築条件付き土地」って何?

    「建築条件付き土地」って何?

    土地探しの際に、ネットやチラシなどで「建築条件付き土地」という言葉を見たことはありませんか?
    建築条件付き土地について知らないまま取引が進んでしまうと後悔することもあります。
    土地の購入は決して安いお買い物ではありませんので、しっかりと内容を把握したうえで購入するようにしましょう。

    まずは「建築条件付き土地」とはどのような土地なのか知りましょう!

    一般的な土地の場合は、土地を購入すると、自分の好きな建築会社を選べます。
    しかしながら、建築条件付き土地は、名前の通り建築条件がついた土地です。
    通常の土地と違い、売主が指定した条件に沿わなければ土地を購入することができません。
    建築条件付き土地の条件の一般的な内容については以下の通りになります。

    【建築付き土地の代表的な条件】
    ■建築を行う会社が指定されている
    ハウスメーカーや工務店が販売している土地に多く見られ、指定の建築会社で建築するようあらかじめ条件がつけられています。
    建築条件付き土地を購入する場合には、購入者は建築会社を選べません。
    そのため、場合によっては自分が思い描いているプランでお家を建てることは難しい場合があります。
    まだ建築会社が決まっていない方にとっては、比較的相場より安く売りだしていることもあるため、検討してみても良いでしょう。

    ■一定期間内に建築請負契約を締結
    建築条件付き土地を購入した後は、売主が指定している建築会社で、期間内に建築を行うという条件です。
    この場合の期間というのは、土地の売主によって異なりますが[3か月」として定められているケースが多いです。

  • 建築条件付き土地のメリット

    建築条件付き土地のメリット

    ここからは、建築条件付き土地のメリットデメリットをお伝えします!
    メリットデメリットを理解した上で、自分の理想と照らし合わせて土地を選ぶようにしましょう。

    ■相場より安く土地を購入できる場合もある
    建築条件付き土地は通常の土地を購入するよりも安く購入できる可能性があります。
    建築条件付きの土地の場合には、土地の売買だけでなく建築の契約を得られるため売主の利益は大きくなります。
    そのため、売りやすくするために、相場よりも土地の価格を押さえた価格で販売されることが多いようです。

    ■家を早く建てられる
    一般的な土地を購入し、注文住宅を建てる場合、建築会社選びやプランにこだわって、契約前の打合せだけでも相当な時間がかかったという方も多くいらっしゃいます。
    建築条件付き土地を購入した場合は、すでに建築を行う会社が決まっているので、時間や手間をあまりかけたくないといった方にとってメリットになります。


    ■理想の立地で土地を購入することができる
    家を建てる際に、土地探しから始める方が多いかと思いますが、自分の理想の土地を見つけるのは意外と難しいです。
    また、都市部であればあるほど理想の広さや金額での土地を見つけることはさらに難しくなります。
    しかし、建築条件付きの土地も含め探すことで、選択肢が増えるので自分の理想とする立地で土地が見つかる可能性が高くなります。

  • 建築条件付きデメリット

    建築条件付きデメリット

    次にデメリットについてお伝えします。

    ■建築会社を選ぶことができない
    建築付き土地は、建築会社が指定されているので、自分で建築会社を選ぶことができません。
    お家づくりやデザインにこだわりがある方は、思い通りのお家を建てられない可能性があります。
    ただし、なかには間取りを自由に決められるケースもあるので、建築条件付だからと言って最初から検討から外すと、理想の土地に巡り合えない場合もあるので、指定の建築会社とその仕様についても確認しましょう。

    ■間取りや内装などの自由度が低い
    建築条件付き土地は、ある程度プランが決まっています。
    建築会社が指定されているため、間取りや仕様に関する制約があるため、注文住宅と比べると自由度が低くなります。
    購入する前に契約内容について確認するようにしましょう。

    ■間取りや内装を決める時間が短い
    建築条件付き土地の多くは3か月以内に建物の請負契約を結ぶという条件が付いているため、短い期間に間取りなどを決定しなければなりません。
    焦って間取りを決定したことによって、住み始めて後悔する可能性もありますので注意しましょう。

  • まとめ

    建築条件付き土地は、お得に土地を購入して早く家を建てたいといったお客様にはおすすめです。
    また、建売住宅に比べると自分の要望を取り入れることも可能です!
    建築条件付き土地を購入する場合には、必ず契約内容について確認し、ご家族の理想にあったお家づくりをしましょう☆

    メリットデメリットを理解しても、自分でどのような物件を購入したらよいのか判断するのは難しいものです。

    弊社では、お客様のご予算やご希望に沿った物件のご紹介をしております!
    また、土地や戸建ての売買だけでなく、注文住宅部事業も社内にあり、建物についての相談も可能です。

    ぜひ一度ご来店くださいませ!!

記事カテゴリ

最新の記事

もっと見る

物件を実際に探してみよう!物件を実際に探してみよう!

不動産購入の知識がついたら物件を探してみよう!会員登録すれば物件検索の幅がグッと広がります!

総物件数

6473

会員限定
物件

3518

会員登録のメリット
会員登録のメリット
  • メリット1

    会員限定物件の
    閲覧

  • メリット2

    新着物件を
    メール配信

  • メリット3

    プライスダウン
    物件を配信

  • メリット4

    キャンペーン・
    お役立ち情報を
    お届け

  • メリット5

    お気に入り物件を
    保存

  • メリット6

    自動入力で
    簡単問い合わせ