会員登録する
すまぐちくん

住み替えするには売却と購入どっちが先??

2021年03月24日

住み替えするには売却と購入どっちが先??

家族構成の変化や、転勤、経済的な事情など様々な理由から住み替えをご検討されるかと思います。
住み替えの際には、なるべく同じタイミングで売却と購入を行うのが理想ではありますが、基本的にはどちらかを優先して行わなければいけません。
ご状況や資金面を考慮して次の2つの方法から計画を立てることが非常に大切です。

①売却先行型
今住んでいる家の売却を先に行い、その後新しく住む家の購入を行う。

②購入先行型
先に新しく住む家を購入してから、住んでいる家の売却を行う。

どちらの方法にもメリット・デメリットはあります。
それぞれの特徴を踏まえ、ご自身に最適な方法を選択しましょう。

それでは売却先行型と購入先行型の特徴を見ていきましょう。

  • ①売却先行型のメリットデメリット

    ①売却先行型のメリットデメリット

    【メリット】
    ・購入資金の目途が立てやすい
    売却活動を先に始めれば、相場価格をもとにおおよその売却金額が把握できます。
    そのため売却金額から諸費用を引いた手取り額を踏まえて、新しく購入する際の資金の目途が立てやすいです。

    ・二重にローンを組まなくて良い
    売却によって残債を完済できるなら、購入時に二重でローンを組む負担がなくなります。
    また年齢的にもローンを組むのが難しい場合、売却金額を元手に現金で購入できるかもしれません。

    ・余裕をもって売却活動ができる
    購入先を決めていないため特に売り急ぐ必要がありません。
    そのため売却価格やその他の条件について妥協することなく余裕を持って交渉できます。


    【デメリット】
    ・いい物件を逃す可能性がある
    売却がなかなか決まらない場合、せっかく気に入った物件が見つかっても購入ができずタイミングを逃す可能性があります。また売却が完了しても、引渡しのタイミングを考えたら購入物件の条件を妥協しなければならないこともあります。

    ・賃貸の仮住まいが必要かも
    売却完了後、気に入る物件が見つからなくても引渡しの時期は近づいてきます。その際は、一時的に賃貸の仮住まいを検討しなければなりません。資金面に余裕があれば、家を手放してからゆっくり探せばいいですが、余分な費用が掛かってしまう可能性があります。

  • ②購入先行型のメリットデメリット

    ②購入先行型のメリットデメリット

    【メリット】
    ・納得のいく条件で新しい家を購入できる
    好きなタイミングで購入できるので、注意していれば気に入った物件を買い逃す危険性を減らせます。
    また売却活動を始めておらず、現在の住まいには住み続けられるので、特に購入を急ぐ必要がなく、気に入る物件が見つかるまで妥協せずに物件探しができます。

    ・仮住まいの心配がない
    先に購入物件を決めているので、売却後住む場所に困ることはありません。また、仮住まいのための余分なお金も払わなくて済みます。

    ・引っ越しがスムーズ
    購入物件が決まってしまえば、時間に余裕を持って引っ越しできます。
    売却時にも空き家として案内できるので気楽に対応できます。

    【デメリット】
    ・購入時の資金計画が不安定
    売却金額が分からないため、資金面が不安定なまま話を進めなければなりません。
    想定していた金額よりも低かったり、売れ残ってしまうと住宅ローンを二重で支払う期間が発生する可能性もあります。

    ・悪い条件で売却する可能性がある
    ローンを二重で組む場合、月々の負担が大きくなります。
    早く売ろうとするあまり、売却価格やその他の条件を緩和してしまう可能性があるので注意が必要です。

  • スムーズな住み替えをするために

    スムーズな住み替えをするために

    余裕を持って売却活動を行える点や、購入時の資金面の安定性を考えて、一般的に「売却先行型」を選択される方が多いです。
    ただし売却が難航したり、最終的な売却金額によっては購入面の計画が崩れてしまう恐れもあります。
    そこでスムーズな住み替えをするために以下のような提案もございます。

    「買取保証付き売却」
    一定期間は仲介での売却活動を行い、売却できなかった場合に予め合意いただいた買取額で不動産会社がお客様の物件を買い取るサービスです。
    最低でも受け取れる金額を把握できるため、購入時の資金計画が立てやすくなります。また、一生売れないということが無いので焦らず売却活動と物件探しに取り組めます。

    「買い替えローン」
    売却してもローンが残ってしまう場合に、残債分を次に購入する家のローンに上乗せして融資を受けられるローンです。
    ただし普通の住宅ローンよりも金利が高く、審査がかなり厳しいため特定の条件に当てはまる方のみ適応できます。

    今までの住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードの引き落としで遅滞がないか確認されるので、問題が無さそうな方はこの買い替えローンを利用するのも一つの手です。

  • まとめ

    住み替えをするのに、なるべく売却も購入もどちらも妥協したくないですよね。
    ただしタイミングを逃してしまえば、長期的に売れない、買えないという事態に陥ってしまいます。
    予め譲歩できるところを決めておき、売却と購入スムーズに進められるよう準備をすることが大切です。

    まずは第一歩としてご所有の不動産の査定し、大体の価値を知っておきませんか?
    そこから今後の計画を立てていきましょう。

    当社では無料で不動産査定を行っておりますし、買取保証付の売却にも対応可能です。

    ぜひお気軽にご相談ください。

記事カテゴリ

最新の記事

もっと見る

物件を実際に探してみよう!物件を実際に探してみよう!

不動産購入の知識がついたら物件を探してみよう!会員登録すれば物件検索の幅がグッと広がります!

総物件数

6541

会員限定
物件

1968

会員登録のメリット
会員登録のメリット
  • メリット1

    会員限定物件の
    閲覧

  • メリット2

    新着物件を
    メール配信

  • メリット3

    プライスダウン
    物件を配信

  • メリット4

    キャンペーン・
    お役立ち情報を
    お届け

  • メリット5

    お気に入り物件を
    保存

  • メリット6

    自動入力で
    簡単問い合わせ